医療法人むらつ歯科クリニック

ほうれい線治療とフェイスリフトの違いとは?メディカルクリニックから解説

初診予約 2回目以降の予約

[営業時間] 10:00 〜 18:00 / [定休日] 祝日休み・他不定休

ほうれい線治療とフェイスリフトの違いとは?メディカルクリニックから解説

ほうれい線治療とフェイスリフトの違いとは?メディカルクリニックから解説

2023/09/22

美容整形において、肌の老化やたるみの解消には様々な方法がありますが、代表的なものとしてほうれい線治療とフェイスリフトが挙げられます。しかし、これらの方法には何が違うのでしょうか?今回は、メディカルクリニックの専門家による解説を通して、ほうれい線治療とフェイスリフトの違いについて詳しくご紹介したいと思います。

目次

    ほうれい線とは?

    ほうれい線とは、口周りの皮膚がたるみ、しわが寄った線のことを指します。年齢とともに深くなる傾向があり、特に40代以降の女性に多く見られます。このようなほうれい線は、美しさや若々しさを損ねる要因とされ、悩みの種となっている方も多いでしょう。 しかし、ほうれい線は単に老化現象だけでなく、肌の乾燥やむくみ、ストレス、喫煙、紫外線などの影響も強く、生活習慣やスキンケアにも効果があります。たとえば、乾燥を防ぐために保湿を意識したスキンケアを行うこと、加齢によるコラーゲン不足を補うために美肌成分が多く含まれたサプリメントを摂取することなどが有効です。 また、メディカルクリニックには、ほうれい線を目立たせないための治療法もあります。フィラー注入やボトックス注入などのプチ整形を方法を用いたり、レーザー治療で皮膚のターンオーバーを促す方法もあります。これらの治療法は、効果が高いとされ、短時間で自然な仕上がりを実現できるとされています。 したがって、ほうれい線に悩んでいる方は、まずは生活習慣とスキンケアを見直すことが大切です。更に、メディカルクリニックでの治療法も視野に入れて、美しく健康的な肌を目指すことが求められています。

    ほうれい線治療の方法とは?

    ほうれい線は顔の老化サインの一つで、目や口の周りにある深いしわのことを指します。一般的に、肌の弾力性が低下し、コラーゲンやエラスチンの量が減少することが原因となって生じます。このため、ほうれい線の治療には、肌の弾力性を高めるための方法が一般的に用いられています。 その一つがボトックス注射です。ボトックス注射は、筋肉を麻痺させることで、ほうれい線を軽減する効果があります。ただし、効果は一時的で、数ヶ月後には再びほうれい線が現れる可能性があります。 もう一つの方法は、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸注入は、肌の内側に酸素を送り込むことで、肌にハリを与えることができます。この方法は、効果が持続する期間が長いという利点があります。 また、レーザー治療やプラズマ治療など、肌に刺激を与えてコラーゲンやエラスチンの生産を促す方法もあります。ただし、これらの方法は、肌への負担が大きいため、少し痛みを感じることがあります。 最適なほうれい線治療方法は、個人差があります。メディカルクリニックでは、肌の状態に合わせて最適な治療方法を提案してくれるため、ほうれい線治療を希望する方は、まずはクリニックに相談してみることをおすすめします。

    フェイスリフトとは?

    フェイスリフトとは、顔面のたるみやしわ、歳を重ねたために失われてしまった若々しさを取り戻すための美容整形手術です。一般的には、顔全体をリフトアップすることで、目元や口元のしわ、頬のたるみを改善します。また、細かい部分についても施術が可能であり、小鼻などの凹凸も整えることができます。フェイスリフトは、顔全体の印象を変えるために行われる手術であり、手術の時間は3~5時間程度になります。フェイスリフトの施術で使用される手術機器は、年々進化しており、その効果や危険性についても、クリニックの医師との相談が必要です。しかし、リスクを十分に考慮すれば、フェイスリフトは、自分自身に自信を持ちたい人や年齢によって落ち込んでしまった人にとって、大きな自己改善効果が期待できる美容手術です。また、経験豊富な美容外科医による正確な施術を受ければ、自然な美しさを与えることができます。

    フェイスリフトとほうれい線治療の違いは?

    フェイスリフトとほうれい線治療は、どちらも美容整形の一種ですが、その手法や効果に大きな違いがあります。フェイスリフトは、目立つたるみやシワを解消するために行われる手術で、一般的には40歳以上の人が対象とされます。手術中には、皮膚を引き上げて引っ張ることによって、見た目を若返らせることができます。しかし、フェイスリフトは手術ということもあり、痛みや腫れ、傷跡が残る可能性があります。 一方、ほうれい線治療は、フェイスリフトに比べて非常に簡単で、痛くもなく、傷跡も残らない治療法です。これは、ヒアルロン酸注射という方法によって行われます。ヒアルロン酸注射は、ほうれい線を埋めることによって、見た目を若返らせることができます。そのため、ほうれい線治療は、30歳以上の人にも広く普及しています。 つまり、フェイスリフトとほうれい線治療は、その治療法や対象年齢、傷跡や痛みの程度などに大きな違いがあります。どちらの治療法を選ぶかは、個人の希望や年齢、肌の状態などによって異なります。美容整形を検討する場合は、信頼できるクリニックでのカウンセリングを受けることが重要です。

    どちらが自分に合っているか考えるポイントは?

    自分に合ったメディカルクリニックを選ぶときには、いくつかのポイントを考えることが大切です。まずは、病院やクリニックの雰囲気が自分に合っているかどうかを確認しましょう。病院やクリニックによっては、明るくやさしい雰囲気を作っているところもあります。また、看護師や医師とのコミュニケーションがしっかりとれるかどうかも重要です。自分にとってわかりやすく丁寧な説明が受けられる医師を選ぶことが大切です。また、診療科目によっては、専門的な知識や技術が求められます。自分が受けたい診療科目に経験豊富な医師がいるかどうかを確認しましょう。設備の整備状況もポイントの一つです。最新の医療機器を備えているところは、より高い医療技術を提供できる可能性があります。最後に、病院やクリニックの場所についても考慮しましょう。自分にとって通いやすい場所にあると、定期的な通院もしやすくなるでしょう。これらのポイントを押さえて、自分に合ったメディカルクリニックを選びましょう。

    三嶋 茉莉

    三嶋 茉莉

    Mishima Mari

    メッセージ
    Mメディカルクリニック福岡は、いくつになっても、若々しくイキイキ、美しくいていただくための福岡市博多駅近くにある美容クリニックです。
    身体の内側から若返る「アンチエイジング内科」とハリツヤのあるワンランク上のお肌をつくる「リバースエイジング皮膚科」を行っております。
    シミやシワが少しでも少なくなって、鏡の中の自分に思いっきり笑顔になっていただくために、美容専門のドクターをはじめスタッフ全員が、あらゆるお悩みに一緒に向き合い、最善の方法をご提案します。
    ゆとりある空間で、ゆったりと癒しのひとときをお過ごしください。

    閉じる

    Mメディカルクリニック福岡

    電話番号
    092-441-5003
    所在地
    〒812-0013
    福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5−33 ゲートスクエア博多駅前2階
    営業時間
    10:00 〜 18:00
    定休日
    祝日休み・他不定休
    提携駐車場
    ヨドバシカメラ マルチメディア博多様 駐車場

    グループ歯科医院:医療法人 むらつ歯科クリニック

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。