医療法人むらつ歯科クリニック

医療ダイエットGLP-1 減量の効果と注意点

初診予約 2回目以降の予約

[営業時間] 10:00 〜 18:00 / [定休日] 祝日休み・他不定休

医療ダイエットGLP-1 減量の効果と注意点

医療ダイエットGLP-1 減量の効果と注意点

2023/09/26

健康を維持するためには、適切な食事や運動習慣が欠かせません。しかし、肥満や糖尿病といった病気を持っている場合は、通常のダイエットや運動ではなかなか効果が出づらいことがあります。こうした場合、医療ダイエットが有効な選択肢となることがあります。本稿では、医療ダイエットの一つであるGLP-1に注目し、その効果や注意点について解説していきます。

目次

    GLP-1とは?

    GLP-1は、膵臓から出されるホルモンの一種で、血糖値を調節する役割があります。また、食物を消化している時にも分泌され、胃の空っぽを感じるまでの時間を延ばし、満腹感を促進する効果もあります。 そのため、GLP-1は注目される成分であり、糖尿病や肥満の治療に利用されることがあります。GLP-1は、薬剤としても使用され、インクレチン薬として知られています。これは、膵臓からのインスリンの分泌を促進させることで、血糖値を下げる効果が期待されます。また、食欲抑制作用もあるため、肥満治療にも有効とされています。 しかし、GLP-1を含む薬剤には副作用もあります。例えば、吐き気や下痢などの消化器系のトラブルが報告されているため、注意が必要です。また、GLP-1を利用する際には、症状や体調に応じて医師と相談し、適切な方法での利用を心がけることが大切です。 医療業界では、今後もGLP-1についての研究や治療方法の改善が進んでいくことが期待されています。患者さんにとって、より効果的かつ安全な薬剤の開発が続けられることを願っています。

    医療ダイエットGLP-1の効果

    医療ダイエットの中でも注目されているのがGLP-1というホルモンです。GLP-1は、胃腸でグルカゴン様ペプチド-1というホルモンが分泌されることで刺激され、膵臓からのインスリン分泌を促し、血糖値の上昇を抑制する働きがあります。そのため、GLP-1を補充することで、食欲の抑制や脂肪燃焼の促進などに効果があると考えられています。 こうしたGLP-1を利用した医療ダイエットの効果は、近年ますます高まっており、メディカルクリニックでもその効果を取り入れた治療が行われています。特に、GLP-1を補充する注射薬が開発されたことで、治療が容易になったとされています。 GLP-1は、食事前に注射することで、食事を抑制する効果があります。また、脂肪燃焼や筋肉量の増加を促すことで、効果的なダイエットができるとされています。しかも、副作用は少なく、安全性も高いため、多くの患者さんに利用されています。 医療ダイエットに取り組んでいる方で、なかなか成果が出ない方は、GLP-1を取り入れた治療を考えてみるのも一つの方法かもしれません。医師の指導のもと、正しい方法で取り組むことで、健康的なダイエットが可能になるかもしれません。

    減量に注意する点

    減量にはさまざまな方法がありますが、そのほとんどが健康に悪影響を及ぼすものばかりです。ダイエット食品やサプリメント、ジュースなどに頼らない食事制限に加え、健康的なスポーツや運動習慣を取り入れることが重要です。減量を考える上で注意すべき点として、極端な飢餓状態に陥ること、即効性を求めること、栄養が偏ることがあります。極端に減量することは体力の低下や免疫力の低下を引き起こす恐れがあるため、減量計画を立てる際は適度な成果を目指す方が良いでしょう。また、急激な減量は基礎代謝が低下することでリバウンドの恐れが高くなるので、ゆっくりと減量を進めることが必要です。特に、女性は基礎代謝量が男性より低いため、摂取カロリーを減らすだけではなく、適度に運動を取り入れることが重要です。栄養バランスを考慮した食生活や習慣の改善が必要です。極端なダイエットはリバウンドの原因となり、心身の健康を害することがあります。減量には計画を立てて、体質に合わせた正しい方法を選択することが必要です。"""

    副作用と対策

    薬剤投与によって発生する副作用は、人によって程度や種類に差があります。副作用が発生した場合は、投薬を中止することがありますが、それだけでは解決しない場合もあります。そこで、いくつかの副作用と対策をご紹介します。 吐き気・嘔吐 薬剤が胃腸に負担をかけているため、吐き気や嘔吐が生じることがあります。解決策としては、薬を食後に服用することや、食前に消化促進のために軽めの食事をすることが挙げられます。また、体調を崩すほどの強い副作用が現れた場合には、医師に相談することも必要です。 めまい・ふらつき 薬剤が脳に影響を与えたり、血圧が下がったりすることによって、めまいやふらつきが生じることがあります。解決策としては、薬を食後に服用することや、薬剤の種類を変更することが挙げられます。また、体調不良が続く場合には、医師に相談することも必要です。 皮膚炎・かぶれ 薬剤が肌に刺激を与えたり、アレルギー反応を引き起こしたりすることによって、皮膚炎やかぶれが生じることがあります。解決策としては、薬剤の使用を中止することが必要です。また、かゆみや痛みなどが強い場合には、クリニックを受診し、医師の診断を受けることも必要です。 以上のように、副作用にはさまざまな種類がありますが、個人差があるため、一概には言えません。薬剤を正しく服用することで、副作用を軽減することができますが、副作用が生じた場合は、自己判断せずに医師に相談することが大切です。

    GLP-1を使ったダイエットの適応

    GLP-1は、インスリン分泌を促進するホルモンであり、食物の消化を遅らせることによって食欲を抑制する効果を持っています。このGLP-1を使ったダイエットは、メディカルクリニックで適用されることがあります。 メディカルクリニックでは、食事療法や運動療法と併用して、GLP-1を使ったダイエットが行われます。これは、病的な肥満や糖尿病などの病気に悩む患者さんにとって、身体に負担が少なく、効果的なダイエット法とされます。 GLP-1を使用する場合、主に注射剤が用いられます。この注射剤は、医師の処方に基づいて、食前に皮下注射することが必要です。また、副作用として、吐き気や下痢などが現れる場合があるため、医師の指示に従って正確な方法で使用することが必要です。 GLP-1を使用したダイエットは、食欲を抑制する効果があり、糖質代謝を改善し、体内脂肪を減少させることができます。しかし、効果は個人差があり、一般の健康的な人にはおすすめできません。医師の診断・指示に基づいて行うことが必要です。 最近では、医療保険においても、GLP-1を使用したダイエットが保険適用とされる場合があります。適切な方法で使用し、医師の指示に従って治療を受けることが、健康的なダイエットとして重要です。

    記事監修 三嶋 茉莉

    記事監修 三嶋 茉莉

    Mishima Mari

    メッセージ
    Mメディカルクリニック福岡は、いくつになっても、若々しくイキイキ、 美しくいていただくための福岡市博多駅近くにある美容クリニックです。
    身体の内側から若返る「アンチエイジング内科」とハリツヤのある若返ったようなお肌をつくる「リバースエイジング皮膚科」を行っております。
    シミやシワが少しでも少なくなって、鏡の中の自分に思いっきり笑顔になっていただくために、美容専門のドクターをはじめスタッフ全員が、あらゆるお悩みに一緒に向き合い、最善の方法をご提案します。福岡・博多エリアにお越しになる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

    閉じる

    Mメディカルクリニック福岡

    電話番号
    092-441-5003
    所在地
    〒812-0013
    福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5−33 ゲートスクエア博多駅前2階
    営業時間
    10:00 〜 18:00
    定休日
    祝日休み・他不定休
    提携駐車場
    ヨドバシカメラ マルチメディア博多様 駐車場

    グループ歯科医院:医療法人 むらつ歯科クリニック

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。